人気の納骨堂で遺骨を納める|利用前に知っておきたいこと

お別れは近親者で

お葬式

家族に見送られる儀式

家族や近親者のみで行われることが多い家族葬は、最後のお見送りを静かに心をこめて親しい者たちのみで実施できるとして人気です。最近ではさまざまな葬儀プランの中でも脚光を浴びており、大抵の葬儀社では提案プランに組みこまれています。そんな家族葬ですが、基本的な通夜や葬儀といったものは通常通り実施されるケースが多いです。しかし、列者が家族もしくは近親者のみであるため、ちょっとした付き合い程度の弔問客というものはないので参列者が少なく、祭壇などもシンプルなものが多いために費用という面では一般的な葬儀と比較すると、少ない価格となることが多いです。それゆえに一般的な葬儀の縮小版が家族葬といった感じで、核家族化などが進行した現代には最適なプランとして注目を集めています。

家族ならではの儀式で

一般的な葬儀となれば準備や弔問客への対応など、さまざまな事柄が実施されるためになかなか大変で慌ただしいですが、家族葬ならばそういった事柄も少なく、故人との気持ちをこめた最後のお別れができます。それゆえに葬儀社との打ち合わせの際にさまざまなこだわりをリクエストすることも可能で、家族葬ならではの葬儀を実施することができます。ただし家族葬ゆえに後から故人が亡くなったことを知り、御香典を持って訪ねてくる知人なども出る可能性があります。そのような知人がいることがあらかじめ分かっていて供物や御香典を遠慮するならば、事前に一報を入れましょう。故人の訃報と家族のみで葬儀は行うために御香典は必要ないといったことなどを連絡しておくと、後々対応に追われることもなくなります。