人気の納骨堂で遺骨を納める|利用前に知っておきたいこと

お別れは近親者で

お葬式

日本ではかつては葬儀といえば大人数が集まって盛大に行われることが一般的でした。しかし近年では近親者のみによる家族葬が主流となってきており、昔ながらの葬儀と比べるとシンプルながら、温かみのあるセレモニーとなって人気を集めています。

もっと見る

飛ぶ鳥跡を濁さず

ダンボール

他人には見られたくない品物を持っている人は、体が元気なうちに遺品整理業者の老前整理サービスを利用して、その品物を処分してしまう方がよいです。病気で寝たきりになってからどうにかしたいと思っても後の祭りですから、できるだけ早く老前整理を実施するのがベストです。

もっと見る

生きているうちの片づけ

老人夫婦

何も準備しないまま亡くなると後が大変ということで、最近生前整理に注目が集まっています。生きているうちに自身の所有物や財産運用の見直しなどを実施するケースが増えていて、それをサポートする専門業者やプロなども登場しているのです。

もっと見る

遺骨を祭祀する施設

お墓

選ぶ際のポイント

お墓を管理するよりも手軽かつ低コストで納骨可能な納骨堂は、最近いろいろなタイプも登場して人気を集めています。種類も豊富なために選ぶ際にはあらかじめいろいろと確認してから、ニーズに合った施設を選ぶようにしましょう。たとえば場所や立地条件では、お墓よりは通いやすい場所にあることが多いですが、それでも駐車場の有無や高齢者でも安心してお参りできるシステムが整っているかどうかは注意しておきましょう。また価格もその施設の種類や特徴によってかなり差があります。年間使用料や追加料金があるかどうかといったことも確認し、そのサービスやシステムに見合った金額のところを選びましょう。他にも納骨期間や運営スタイルなども事前に確認し、契約する前に実際に見学してみるといったことも大切です。そして最初から納骨堂を一つに絞るのではなく、いくつかの納骨堂を比較してみるのも良いでしょう。

さまざまな種類

かつての納骨堂は、一時的に遺骨を収納する場所として寺院の敷地内に存在していました。現在ではお墓にと同じく永代供養墓としての役割を担い、寺院以外にも専用の建物が建てられるなどして、現在進行形で増加傾向にあります。そんな納骨堂ですが、寺院や霊園の敷地内に建てられているケースもありますが、専用の建物の中にロッカー式や仏壇式、墓石式や棚式、自動搬送式などさまざまなタイプのものが存在しており、寺院が運営しているだけでなく、民営や公営による運営の場合もあります。また宗派や宗教に関係なく受け付けてくれるところも多く、たとえ寺院の運営だったとしても、納骨堂だけの利用の場合はとくにその寺院の檀家になる必要はないというケースがほとんどです。